露天風呂付き客室のある温泉宿に泊まる旅

すまりんが夫のすまきと"癒しと美食“を求め全国飛び回る

対馬観光①(金田城)

福岡空港を飛び立って約30分

すまきとすまりんがやってきたのは...

 対馬やまねこ空港

f:id:aranciarossa:20210427113231j:plain

小さい空港ですが ボーディングブリッジがありました

でも すまりんたちは タラップで滑走路に降りて建物に向かいました...

f:id:aranciarossa:20210427113259j:plain
f:id:aranciarossa:20210427113307j:plain

 

対馬長崎県に属する 日本第10位の面積の島です(ちなみに第9位は奄美大島で 第11位は淡路島です)

f:id:aranciarossa:20210427113900j:plain

主島の対馬島は南北に細長い一つの島でしたが 中央部のくびれた部分に万関瀬戸という運河が開削されて 北部の上島 南部の下島に分割されました

 

魏志倭人伝でも一支國(=壱岐)と並んで「對馬國」 の名が出てきます

古くから日本の最前線に立つ国境の島だったのですね

 f:id:aranciarossa:20210427143402j:plain

そんな対馬に緊張が走ったのが663年!

白村江の戦で唐・新羅連合軍に敗れた天智天皇は 敵の侵攻を恐れて防御態勢を固めます

福岡に水城(みずき)を築き 都は近江に移して 九州から瀬戸内の各地に山城を築きました

その最前線の城が金田城(かねだじょう/かねたのき/かなたのき)でした

f:id:aranciarossa:20210505223638j:plain

金田城は対馬空港から車で20分ほど...

対馬の上島と下島の間にある 浅茅(あそう)湾に面した要害の地にあります

 

県道を折れて車一台がようやく通れる細い道を進みます

f:id:aranciarossa:20210427143507j:plain
f:id:aranciarossa:20210427143518j:plain

 

f:id:aranciarossa:20210427143607j:plain 

登山口に 車4台がとめられるスペースがあります
丁寧に駐車のしかたを写真で解説してありました

f:id:aranciarossa:20210427143714j:plain

 金田城は続日本百名城だそうです!

f:id:aranciarossa:20210428083036j:plain

ここからは歩いて登山です

レンタカー会社のかたは 山登りに3時間以上かかると言っていましたが…

f:id:aranciarossa:20210428151017j:plain 

 

8:45に出発しました!

 

野ねずみさん🐭発見!!すごく小さかったです

f:id:aranciarossa:20210428232106j:plain

      ⇩ ⇩ ⇩

f:id:aranciarossa:20210428232042j:plain

 

下の写真では ど真ん中にいます🐭

f:id:aranciarossa:20210428231948j:plain 

   ⇩ ⇩ ⇩

f:id:aranciarossa:20210428232341j:plain

 

しばらく道を行くと 視界が開けて美しい浅茅湾対馬の山々が一望できました

f:id:aranciarossa:20210427143755j:plain

 対馬暖流の影響でしょうか... 鬱蒼とした原生林が生い茂っています 

 

いきなり現れた 巨大な石垣⤵

f:id:aranciarossa:20210427202926j:plain

1400年近くも前の建造物です!

 

 こちらは南門⤵

f:id:aranciarossa:20210427204519j:plain
f:id:aranciarossa:20210427204530j:plain

飛鳥時代に築かれた古代山城は 中世以降の山城とは全く異なっています

本丸や二の丸といった曲輪や 天守のような中心施設はありません...

山を鉢巻きのようにぐるりと石垣や土塁で囲んだだけの構造で 内部に武器や食料が備蓄され 有事には「逃げ城」として周辺の人々も含めて皆がたてこもったものと想像されています...

 

  黄色の線が金田城の石垣遺構です

f:id:aranciarossa:20210427204335j:plain

山の全周を取り囲む石垣は2.8kmにも及びます!

 

すまりんたちは山頂へと向かいました🐾🐾

f:id:aranciarossa:20210427203124j:plain
f:id:aranciarossa:20210427203137j:plain

 

南側の石垣は海岸沿いから山頂まで斜面を駆け上がるように続いています

f:id:aranciarossa:20210427203215j:plain

 

駐車場からおよそ45分で山頂に到着しました🚩

烽火台があったのでは と考えられていますが古代の遺構はありません

f:id:aranciarossa:20210427204819j:plain

 

浅茅湾には明治時代 海軍佐世保鎮守府隷下の竹敷要港部が置かれていて これを防衛するための砲台が 城跡の山頂に築かれました

f:id:aranciarossa:20210428070756j:plain

大砲の砲床でしょうか...f:id:aranciarossa:20210428070840j:plain

 

石垣は山頂からさらに尾根伝いに続いていて 見学道の階段が続いています...

f:id:aranciarossa:20210428071344j:plain

左側に時折 青い海を見ながら山を下って行きます…

最初のうちはこんなに整備されていたので楽勝かと思っていました

f:id:aranciarossa:20210428150555j:plain

 

 尾根の向こう(北側)は断崖絶壁です

f:id:aranciarossa:20210428153259j:plain

美しい浅茅湾リアス式海岸

f:id:aranciarossa:20210428071702j:plain

 

このちょっと前から 道は 突如として荒れた急坂に…

小さく写っているのは すまき です
f:id:aranciarossa:20210425102854j:image

九州を直撃した2020年の台風10号の影響でしょうか..

倒木が道をふさいでいます
f:id:aranciarossa:20210425102846j:image

もっとちゃんとした登山靴で来るべきでした^^;
f:id:aranciarossa:20210425102925j:image

足場の悪い道が続きます...

枯葉にまぎれて 足を引っかけるワナのような金属棒がニョキニョキ

f:id:aranciarossa:20210428072154j:plain

よく見るとあちこちに^^;

f:id:aranciarossa:20210428153742j:plain

もともとはこんなふう⇩だった木の階段が朽ちて金属の釘だけが残っているんですね

f:id:aranciarossa:20210428072133j:plain

危ないです...

 

 

こんなところにもでっぱりが!
f:id:aranciarossa:20210428153217j:plain

 

足元注意です!

 

ようやく海岸近くに下りてきました

木々の間から見える海の色がきれい(*'▽')♡

f:id:aranciarossa:20210428072952j:plain

 

不明瞭な道に不安をおぼえはじめたころ ふたたび遺構が現れました!

f:id:aranciarossa:20210428073147j:plain

一ノ城戸

f:id:aranciarossa:20210428073428j:plain

f:id:aranciarossa:20210428073443j:plain

穴太衆(安土桃山時代以降の石垣づくりのプロ集団)もびっくりの高石垣✨

石垣を登る敵を側面から攻撃できる横矢構造(古代山城では雉城というそうです)が備えられています

 

さらに進みます🐾🐾

f:id:aranciarossa:20210428074741j:plain

二ノ城戸です

f:id:aranciarossa:20210428074811j:plain

f:id:aranciarossa:20210428074835j:plain

ここに門があったそうです⤵

f:id:aranciarossa:20210428074857j:plain

 

f:id:aranciarossa:20210425102936j:image

f:id:aranciarossa:20210425102859j:image

道に迷いそうになりながら ピングシ門跡にたどりつきました

この付近が金田城の中枢部分だったと考えられていて 建造物の柱跡が見つかっています

f:id:aranciarossa:20210428075023j:plain
f:id:aranciarossa:20210428075031j:plain



三ノ城戸

 三ノ城戸には水門がありました

f:id:aranciarossa:20210428075554j:plain

ぐるりと山を囲む石垣は 谷筋も埋めていて 石垣の下部に川の水を流すトンネルがつくられます

古代山城ではこの構造を「水門」といいます

写真では崩れて溝になっています

 

東南角石塁

f:id:aranciarossa:20210428081030j:plain

f:id:aranciarossa:20210428082003j:plain

高く積み上げられた石垣は 一部崩落しています

f:id:aranciarossa:20210428081939j:plain

穏やかな対馬の海...

f:id:aranciarossa:20210428152437j:image 

 

すまりんバテてます...

f:id:aranciarossa:20210428150413j:plain

左の杭は掘立柱建物跡ですが 兵士の詰所でしょうかf:id:aranciarossa:20210428151551j:plain

 

 唐衣 裾に取りつき 泣く子らを 置きてそ来ぬや 母なしにして

  万葉集に収録された防人(さきもり)の歌です

つらく厳しい国境警備の任務にあたる防人たちが この城を守っていたのです...

 

山をぐるりと回って "最初に見た石垣"に戻ってきました!

f:id:aranciarossa:20210428082258j:plain

まさかここに出てくるとは思っていませんでした!

 駐車場に帰ってきました
f:id:aranciarossa:20210425111601j:image
車は4台とまって満車になっていました

ただいま10:45分ですので ちょうど2時間で一周することができました

 

f:id:aranciarossa:20210425103003j:image

 

以上 古代山城の金田城のお話でした

 

 次も対馬観光のお話です(^_-)-☆

        

                 ...