露天風呂付き客室のある温泉宿に泊まる旅

すまりんが夫のすまきと"癒しと美食“を求め全国飛び回る

紅葉舘 別庭あざれ(武田尾温泉〜兵庫県)③

すまきとすまりんが 最初にこちらのお宿を訪れたのは6年前の初冬…

f:id:aranciarossa:20200104003211j:plain
f:id:aranciarossa:20200104003212j:plain

  

 

 客室へ・・・

f:id:aranciarossa:20200104003312j:plain

f:id:aranciarossa:20200104003322j:plain
f:id:aranciarossa:20200104003332j:plain

  通路に散っている紅葉が美しい・・・💗

なんとかぎりぎり紅葉を見ることができました(*^^*)♡

 


 客室 おもと信楽焼の展望風呂付の部屋)

f:id:aranciarossa:20200104003324j:plain


f:id:aranciarossa:20200104003330j:plain

 

 入口すぐの所にお茶セットと冷蔵庫があります

f:id:aranciarossa:20200104003610j:plain

f:id:aranciarossa:20200104003933j:plain

  

 冷蔵庫の飲み物はフリーです💛

飲み物の種類は 今とほとんど変わっていないようですね…

アルコールが半分占めていますが ソフトドリンクも充分あります(*^^*)♡

f:id:aranciarossa:20200104003645j:plain

 

  

 和室 ・・・琉球畳のおしゃれな和室です✨

f:id:aranciarossa:20200104003705j:plain

  

 

  踏み込み 

f:id:aranciarossa:20200104003748j:plain

 昔ながらの旅館に多くみられるタイプですよね…

       "THE 旅館"( ^ω^)・・・

 

 でも  和洋室なのでベッドスペースもあります(^_-)-☆

f:id:aranciarossa:20200104003708j:plain

  ハリウッドツイン

f:id:aranciarossa:20200104003710j:plain

 

 テラスもあります 

 リバーサイド( ^ω^)・・・

f:id:aranciarossa:20200104003751j:plain

 

 この時も 寒くて外でくつろぐことはできませんでした^^;

f:id:aranciarossa:20200104003752j:plain

 

 

 あ!例の赤いケープ…

一枚はハンガーに掛かっていて残りはたたんだ状態で…

 

f:id:aranciarossa:20200104003909j:plain

 浴衣もサイズが色々…

前回もおなじだったんですね(^_-)-☆

 

  

こちらのお部屋はメゾネットタイプ…

二階へとまいりましょう( ^ω^)・・・

f:id:aranciarossa:20200104004025j:plain

f:id:aranciarossa:20200104004027j:plain

 f:id:aranciarossa:20200104004028j:plain

  二階は浴室でした‼

 

   洗面台

f:id:aranciarossa:20200104004032j:plain

   タオルウォーマーもありますね…(*^^*)♡

f:id:aranciarossa:20200104004133j:plain

 

 浴室

f:id:aranciarossa:20200104004155j:plain


 浴槽は信楽焼の展望風呂‼

f:id:aranciarossa:20200104004030j:plain
f:id:aranciarossa:20200104004222j:plain

 どーんと大きなつるんとした浴槽・・

  色も鮮やか…しかも温泉

※温泉の詳細や大浴場については前回の記事を見て下さい(^_-)-☆

 

湯舟に浸かりながら川の流れを見ることができます(*^^*)♡

f:id:aranciarossa:20200104004255j:plain

ところで お湯を張った写真がないのです( ̄▽ ̄)💧💧

  たしかに入りました‼


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夕食会場へまいります🐾🐾

 会場はやはり…神田川敏郎プロデュース

            神田川道場 茶寮 「心 」shin

f:id:aranciarossa:20200104004302j:plain

 

すまきくん…赤いちゃんちゃんこ いや失礼‼

    赤いケープがお似合いよ💗

f:id:aranciarossa:20200104004349j:plain

f:id:aranciarossa:20200104004352j:plain

 

 さて 夕食の始まりですが…

f:id:aranciarossa:20200104004354j:plain

先日のは やや難しい読み方のお品書きがついておりましたが … 

この時はお品書きがなかったように思うのです

なにしろ6年も前のことで記憶はあやしいんですが…💧💧

 

最初の写真のお箸の上のはペーパーナプキンですし…

おそらくはお料理が出てくるたびに口頭で説明があったのかと…

 

 わかる範囲でいきます‼︎

f:id:aranciarossa:20200104100049j:plain

右は あわびのあんかけ・クコの実・ワサビ添えでしょうか…

左はちょっとわかりません…💧 お蕎麦っぽいですが…

 

 

f:id:aranciarossa:20200104004417j:plain

 お正月ではないのでお雑煮ではないと思います… 

 でもお餅っぽいですね...

 

 

f:id:aranciarossa:20200104004418j:plain

  お造り(まぐろと甘エビ)と鮪の握り寿司

すまきが喜んでいたのは覚えています・・・

すまきはコースの途中に握り寿司が出てくるとテンションが上がるのです(笑)

 

 

f:id:aranciarossa:20200104004420j:plain

 サバずし(かぶら巻き?)

一個食べたのではなく この絵皿にそういう盛り付けだったと思います…

   多分...(⌒-⌒; )

   雲のイメージ・・・?

 

 

   初冬らしい一品

f:id:aranciarossa:20200104004422j:plain

 ぎんなん・くわい・山芋・魚の幽庵焼き

もしお品書きが あったとしたらおしゃれなタイトルが付いていたのでしょう…

 

 

f:id:aranciarossa:20200104004456j:plain

 霜降り和牛の石焼き  大根おろしもみじおろしを添えて…

f:id:aranciarossa:20200104004458j:plain

 

 

f:id:aranciarossa:20200104100111j:plain

   里芋の上にエビ・うに・ちんげん菜

 

 

 これは…

f:id:aranciarossa:20200104004500j:plain

エビの上にいくらときゅうり? 一番下に大事な食材が隠れている⁇

ソースも…  ごめんなさい! わかりません( ̄▽ ̄)💧

 

 

土釜で炊きたての白飯🍚

f:id:aranciarossa:20200104004537j:plain

粒が立ってツヤツヤです💛

f:id:aranciarossa:20200104004541j:plain

 

赤味噌仕立てとお漬物と一緒に…💛

f:id:aranciarossa:20200104004542j:plain

 

 

デザートはりんご🍎とざくろの粒…

左っ側は 何でしょう…( ̄◇ ̄;)

f:id:aranciarossa:20200104004544j:plain

 紅茶プリンのようにも見えますが…


この時は残ったご飯をおにぎりにしてお夜食に手渡していただきました!

中の具はお目目がぱっちり見える小魚? 桜えび?

すまりんは残念ながら食べることができませんでした(笑)

f:id:aranciarossa:20200104004616j:plain

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

翌朝

f:id:aranciarossa:20200104004650j:plain

 

朝食は夕食と同じ個室でいただきました

 

f:id:aranciarossa:20200104004734j:plain

箱の中は湯豆腐になっていました

 f:id:aranciarossa:20200104004656j:plain

お魚とか出し巻きとか…ほかにあったはずなんですけど なんと写真がこれだけしかないのです( ̄▽ ̄)💧💧

あの頃は食べることに夢中で …💧💧💧

  

f:id:aranciarossa:20200104003207j:plain

たいへん中途半端になってしまいましたが… 

信楽焼の浴槽がとっても素敵だったので 見ていただきたく可能な範囲で記事にさせていただきました      

見苦しい点お許しください       

      旅の続きに戻って宝塚へとまいります