すまりんの てくてく ふたり旅

部屋付き温泉のある素敵な宿と美食を求め 夫のすまきと全国飛び回ります!

洞川の鍾乳洞と大峰山のお話(奈良県)

近畿の屋根とよばれる大峰山脈

その主峰・大峰山を擁する深山の秘境 天川村洞川(どろがわ)地区に 忽然と現れる街並みがあります

f:id:aranciarossa:20211123161044j:image

この山里には 清流 熊野川の源流があり 和歌山県熊野本宮大社の "みそぎの水" となっています

熊野本宮大社の記事はこちら⤵

 

「洞川湧水群」は名水百選のひとつになっています 

名水を生み出すこの地域の地質は 「秩父帯」とよばれ 2億年前に海底だった石灰岩でできています

なので この付近には いくつもの鍾乳洞があります

 

今回は すまきとすまりんが見学した二つの鍾乳洞のお話をさせていただきます

 

ーーーーーーー

①面不動鍾乳洞

f:id:aranciarossa:20220117114335j:plain

 

洞川温泉は狭い谷あいにあるので 駐車スペースが少ないです

f:id:aranciarossa:20220109073710p:plain

 洞川温泉観光協会HPより

 

面不動(めんふどう)鍾乳洞は 洞川集落の入り口付近にありますので 洞川温泉センター前の有料駐車場が便利です(^_-)-☆

  料金:普通車 1時間300円

 

鍾乳洞は山の中腹にあるので 麓から小さなモノレール(有料)で向かいます

f:id:aranciarossa:20220117114226j:plain

脇にある登山口から10分程度で歩いて登ることもできます↘

f:id:aranciarossa:20220117114652j:plain

 

モノレール乗り場

f:id:aranciarossa:20220117113602j:plain

f:id:aranciarossa:20220108235448j:image

定時運行しているようですが 誰もいない時はインターホンで連絡するとモノレールが迎えに来てくれるようです
f:id:aranciarossa:20220108235444j:image

上のお客さんを乗せて モノレールが下ってきました

f:id:aranciarossa:20220108235454j:image 

単線なので 下りは後ろ向きで下りてくるんですね…

f:id:aranciarossa:20220117110903j:plain

 

モノレールの乗車料金

 大人  片道300円  往復500円

 子供  片道200円  往復300円 

  3歳以下は無料

※代金は上に着いてから支払います

 

皆さんそれぞれ自撮り中…

f:id:aranciarossa:20220117112427j:plain

シートベルトを締めて…

f:id:aranciarossa:20220117111250j:plain

出発!

f:id:aranciarossa:20220108235407j:image

かなりの急勾配です…
f:id:aranciarossa:20220108235401j:image

※脇にある登山道はゆるいカーブを描く舗装された道です

 

3分程で だいぶ高い所に登ってきて 洞川の街並みが一望できました!

遠く雪にけむる山並みが大峰山です↘

f:id:aranciarossa:20220108235437j:image

あの稜線を「大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)」が通っています

f:id:aranciarossa:20220119081150j:plain

大峯奥駈道は 吉野と熊野を結ぶ大峰山脈を縦走する100kmにおよぶ修験道の道で 修験道の祖 役行者(えんのぎょうじゃ)によってひらかれたとされています

f:id:aranciarossa:20220119081228j:plain

標高2000m近い険しい峰々を踏破する 奥駈(おくがけ)という峰入修行を行なう道は ユネスコ世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道』の一部で 最も険阻な熊野古道です

f:id:aranciarossa:20220119083223j:plain

大峯奥駈道の最高所(近畿最高峰)である八経ヶ岳(1915m)と 天河大辨財天社の奥宮が祀られる弥山(1896m)がこちらです ↓↓

f:id:aranciarossa:20220119083540j:plain

季節は冬なので 樹氷で真っ白になっています❄

 

※「大峰山」は狭義には女人禁制の「大峰山山上ヶ岳」を指しますが 広義には稲村ヶ岳(女人大峯)・八経ヶ岳・弥山などを含んだ峰々の総称でもあります

 

ここ洞川の町は「大峯奥駈道」の結節点にあたる 修験道の町なのです

 

 

モノレールが頂上に着きました…

降りてすぐの所にある「面不動茶屋」でモノレール代と鍾乳洞の入場料を支払います

f:id:aranciarossa:20220117113930j:plain

鍾乳洞の入場料:大人450円 子供200円  3歳以下は無料

f:id:aranciarossa:20220108235424j:image

 

山の崖の穴が鍾乳洞の入り口です

f:id:aranciarossa:20220117115254j:plain

f:id:aranciarossa:20220117115519j:plain

f:id:aranciarossa:20220117115904j:plain

 

足元や頭上に注意です!

f:id:aranciarossa:20220117115648j:plain

 

f:id:aranciarossa:20220117115651j:plain

途中 足場が悪いので 歩きやすい靴で行くことをおすすめします

f:id:aranciarossa:20220117120011j:plain

 

一部のみ ささっとご紹介しますね(^_-)-☆

f:id:aranciarossa:20220117120050j:plain


権現の窟

f:id:aranciarossa:20220117120220j:plain

↓ 洞内の安全を祈って蔵王権現(左)と 役行者が祭られているそうです

f:id:aranciarossa:20220117120459j:plain

 

こうもり窟
f:id:aranciarossa:20220108235750j:image

無数のコウモリがぶら下がっているようですね…

f:id:aranciarossa:20220108235836j:image

 

羅漢窟

f:id:aranciarossa:20220117121050j:plain


行者窟
f:id:aranciarossa:20220108235811j:image

 

化石社
f:id:aranciarossa:20220108235757j:image

ニホンザルカモシカ・ネコの頭蓋骨が祭られていましたが怖くてスルーしました^^;

 

入り口と出口は同じ場所でした

f:id:aranciarossa:20220117121759j:plain

 

モノレールは通常20分おきの出発です 

f:id:aranciarossa:20220108235747j:image

まもなく出発ですがすまりんたちは片道切符を購入していたので徒歩で下りました

f:id:aranciarossa:20220108235801j:image

 

駆け足で下っていますが 歩きやすい道でした 

f:id:aranciarossa:20220117122253j:plain

急いだので2~3分でふもとに到着
f:id:aranciarossa:20220108235818j:image

下りのモノレールに抜かされなくてよかったです(*^^*)

 

ーーーーーーー

②五代松鍾乳洞

 

五代松(ごよまつ)鍾乳洞は 洞川の町並みを通り抜け 渓谷をさらに上流に進んだところにあります

赤井五代松翁が発見・整備したのでこの名前がつけられました

 

こちらが駐車場ですが…

f:id:aranciarossa:20220122133150j:plain

f:id:aranciarossa:20220122133524j:plain

料金はモノレール乗り場の正面の「ごろごろ茶屋駐車場」に納めます

f:id:aranciarossa:20220122133854j:plain

駐車料金は500円です

※こちらでいただける名水「ごろごろ水」については この記事の最後の方でご紹介しますね(^_-)-☆

 

五代松モノレール乗り場

f:id:aranciarossa:20220117130313j:plain

こちらのモノレールは 森林作業などに使われている簡易モノレールです

f:id:aranciarossa:20220122133740j:plain

f:id:aranciarossa:20220122134002j:plain

 モノレールの乗車料金

   大人: 上り400円 下り 200円

   子供: 上り200円    下り100円

 洞入場料金

    大人450円 子供200円 

 

次発車のモノレールが満員だったので 歩いて登ることにしました🐾🐾
f:id:aranciarossa:20220109000205j:image

歩くと7~10分だそうです🐾🐾
f:id:aranciarossa:20220109000329j:image

急いで歩いてみました🐾🐾

f:id:aranciarossa:20220117125630j:plain

思ったより 歩きました…  もうすぐゴールです!

f:id:aranciarossa:20220109000215j:image

満員のモノレールが上がってきました!

f:id:aranciarossa:20220117130009j:plain

タッチの差でモノレールより早く到着しましたが^^;

急いでも結局7分かかりました(笑)

f:id:aranciarossa:20220117130446j:plain

 

モノレールを操作されていた方が 案内して下さいました

 

徒歩で登ってきた人はこの小屋でヘルメットを貸していただきますf:id:aranciarossa:20220109000158j:image

こちらの洞窟は自由に見学はできません…

f:id:aranciarossa:20220109000308j:image

まずはみんなで一斉にガイドさんの説明を聞き それから洞内へ入場しました

f:id:aranciarossa:20220109000348j:image

こちらが入り口で普段は施錠されています
f:id:aranciarossa:20220109000230j:image

洞内へ入ります…

f:id:aranciarossa:20220109000244j:image

入り口付近は特に天井が低いので頭上注意です!
f:id:aranciarossa:20220109000408j:image

ガイドさんについてぞろぞろと奥へと進んで行きます…

f:id:aranciarossa:20220122135511j:plain

 

鍾乳石が1㎝成長するのにかかる期間は100年…

f:id:aranciarossa:20220117132907j:plain

 

上からの鍾乳石と 下からの石筍が少~しずつ伸びてきて…  
f:id:aranciarossa:20220109000208j:image

長~い年月をかけて上下がくっついたものが石柱です!

 

f:id:aranciarossa:20220117133005j:plain

見上げると⤵

f:id:aranciarossa:20220117132910j:plain

垂れ下がった鍾乳石の先っぽに穴が開いていました

f:id:aranciarossa:20220109000251j:image

鍾乳石の中心はストローのように管が通っていて 炭酸カルシウムを含んだ水がそこを通って流れ落ち 先端を少しずつ伸ばしていくのだそうです

f:id:aranciarossa:20220109000354j:image

 

五代松鍾乳洞にも いろいろ名前の付いた"見どころ"があります

藤の棚

f:id:aranciarossa:20220109000305j:image

 

子育て観音

f:id:aranciarossa:20220117133001j:plain

 

左から 白鶴の姿・千成瓢箪大日如来

f:id:aranciarossa:20220117133009j:plain

 

出口です↘

f:id:aranciarossa:20220109000414j:image

出口は 入り口よりも高い場所にありました

f:id:aranciarossa:20220117152914j:plain

洞内で知らない間に上の方まで登っていたようです…

f:id:aranciarossa:20220117152846j:plain

 

帰りは一名歩いて帰られたかたがおられて座席が1つ空くので すまりんたちをサービスで乗せて下さるとのこと…

f:id:aranciarossa:20220117134115j:plain

すまりんとすまきで 1人掛けのココ↓に乗るんです…

f:id:aranciarossa:20220117134201j:plain

大人二人で本当に乗れるの?というくらいの幅でした(笑)

シートベルトは ありません^^;
f:id:aranciarossa:20220109000130j:image

お互い半分お尻がはみ出している…と思っていたのに…

f:id:aranciarossa:20220117153511j:plain

なんとなく すまきの方が ゆったり座っているようにも見えます^^;

 

全員揃ったところで 出発!

後ろ向きのまま 最後方で 急こう配を下って行きます!

f:id:aranciarossa:20220117134635j:plain

背もたれも低いので⤵

f:id:aranciarossa:20220117134201j:plain

体が後ろに傾いて 怖すぎです!

f:id:aranciarossa:20220117134412j:plain

前の手すりを持つよりお互いにしがみつきながら 振り返って撮影しました(笑)

スリル満点!

 

無事ふもとに下りてきました(^^;)(^^;)

 

ーーーーーーー

先ほど少しふれましたが…

f:id:aranciarossa:20220122133854j:plain

五代松鍾乳洞のモノレール乗り場の正面に ごろごろ水の給水場があります

f:id:aranciarossa:20220122132503j:plain

ごろごろ水をはじめとする洞川湧水群(どろがわゆうすいぐん)名水百選✨に指定されています

ごろごろ水は 地中の水路を流れる水がゴロゴロと音をたてて流れる事から命名されたそうです!

f:id:aranciarossa:20211126222450j:plain

各駐車スペースに 給水用の蛇口が完備されています

料金は駐車代500円に含まれています

美味しい水を求めて ポリタンクで汲みに来る人が絶えません…

f:id:aranciarossa:20211126222435j:plain

 

ーーーーー

 

最後は 大峰山女人結界門のお話です

 

「ごろごろ茶屋」から さらに渓谷を奥へと進むと 母公堂(ははこどう)があります

f:id:aranciarossa:20220122223629j:plain

先ほど登場した修験道の祖 役行者の母である 渡都岐白專女(とつきしらとうめ)は息子の厳しい修行を案じて 彼の弟子 後鬼の案内で洞川まで会いにきました

 

「花屋徳兵衛」にて撮影した役行者と前鬼(右)・後鬼(左)の置物

f:id:aranciarossa:20211127145118j:plain

※前鬼・後鬼 については前回のお宿編をご覧ください

 

弟子の前鬼を通じてこのことを知った孝行心の篤い役行者は 危険な山中にまで母が訪ねてこないように この地に庵を建てて 折々に山から下りて母に会うようにしたのだそうです…

それが先の写真の母公堂です

これ以上進むと危険ということで そこに「女人入山禁止の結界門」を立てました

それ以来1300年以上大峰山山上ヶ岳は「女人禁制」が守られています

...

戦後 山林作業に従事される女性の方が多くなり 結果的に「女人結界門」を越えて仕事に出掛けざるを得なくなってしまいました

地域の暮らしと信仰を守っていくため 度重なる協議の結果 昭和45年に現在の清浄大橋の所まで 約1.5km大峰山側へ 結界門を移動することになりました

これによりバスガイドさんや林業従事の女性の往来が可能となりました(^_-)-☆

f:id:aranciarossa:20220122223731j:plain

さらに細い林道を進むと急に道が開けて 大橋茶屋の駐車場に出ました

ここが終点です!

f:id:aranciarossa:20220122223826j:plain

※1時間以上駐車する場合は有料です

 

こちらが清浄大橋

大峰山の登山口です

f:id:aranciarossa:20220122224242j:plain

 

f:id:aranciarossa:20220122224332j:plain

ここから大峰山の各行場や山頂をはるかに望むことができます

f:id:aranciarossa:20220122224424j:plain

先ほどから みぞれ混じりの雨が降っていましたが 激しくなってきました

f:id:aranciarossa:20220122224344j:plain

傘がないのですが 女人結界門まで行ってきます💨

 

清浄大橋を渡って数十m進むと 現在の女人結界門が立っていました

f:id:aranciarossa:20220122225312j:plain

すまりんは ここまでです…

f:id:aranciarossa:20220122230547j:plain

 

すまきは女人ではないので ちょっと奥まで入って撮影してみました⤵

f:id:aranciarossa:20220122230526j:plain

 

この後  一気に天気が回復しました!

f:id:aranciarossa:20220123205458j:plain

f:id:aranciarossa:20220123205504j:plain

 

次回は神戸の「布引の滝」と「北野異人館&トリックアートミュージアム」のお話です