すまりんの てくてく ふたり旅

部屋付き温泉のある素敵な宿と美食を求め 夫のすまきと全国飛び回ります!

ビジョングランピングリゾート山中湖 (山梨県)①

今回 ご紹介するのは

富士山を望める完全プライベート型グランピング施設✨

ビジョングランピングリゾート山中湖山梨県南都留郡

チェックイン17:00  チェックアウト10:00

 

富士山山中湖バス停または富士急の富士山駅まで無料送迎があります

 迎え:16:00〜17:00まで15分おき
 送り:10:15発

 ※事前に予約が必要です

 

施設の入り口の駐車場に車をとめ 管理棟でチェックインの手続きを行います

※写真は翌朝のものです

すまりんたちが到着したのはチェクイン可能時刻の少し前(16:45)でしたが 送迎バスが到着した直後で混みあっていました^^;

建物の中は広くないので 順番に2組ほどが入り 手続きを行います

 

滞在中 アームバンドを装着します (サイズは大小あり)

アームバンドは 記念に持ち帰りできます

 

このグランピング施設のすごいところは… 

全客室に 焚き火スペースはもちろん 温泉露天風呂(人工温泉)・テントサウナ・富士山天然水の水風呂がついていることです✨

そして 全てのお部屋から富士山を望めます(*^^*)

共有スペースはなく 必要なものはお部屋に揃っているので プライベート感抜群✨

 

残念なのは チェックインが17時ということで かなり遅いめ…

この時期はすでに暗くなりかけていました

情報量が多すぎて 初めて宿泊されるかたにとっては慌ただしいのではないかと思います

※有料ですが アーリーチェックイン(16時)や レイトチェックアウト(11時)が可能のようです(事前に申し込みが必要で 1日3組限定)

 

チェックインの待ち時間 または手続き後 奥のコーナーで調理器具の使い方やサウナの温めかたなどについての説明を受けます

もちろんお部屋にも説明書きがありますが こちらでしっかり確認しておくと あとでラクですね(^_-)-☆

 

鍵を受け取り 自分たちでお部屋に向かいます🐾🐾

送迎バスの駐車場の隣にカートが数台とまっているのを見かけましたが 大きな荷物の場合は利用できるのかもしれません

 

客室は15室で タイプは2種類

スイートルーム(211平米):4室

デラックスルーム(152平米):11室

 ※デラックスルームに2室 愛犬同伴OKのお部屋があります

 

スイートルームは ドームも含め広々としています✨

 

すまりんたちは二人きりなので デラックスルームを予約していました

↑左側のボックスは追加オーダーの品が入れられる場所だと思います

 

金属の鍵も一ついただきましたが あらかじめ設定されている4桁の番号を入力し開錠することができます

ただしオートロックではありませんので 注意が必要!

すまりんたちは 朝まで開けっ放しにしていました^^;

 

左にドームテント  右に 洗面所(お風呂)・お手洗い・ダイニング

※それぞれ施錠することができます(^_-)-☆

 

まずは左手のドームテントから…

 

土足マットの向こうに室内用スリッパが置かれていました

 

土足履きのゴム製靴が二種類 (最下段は子供用)

隣には 寝袋や毛布(だと思います)

 

木箱の中にゲームが入っていました

 

モバイルオーダー(17:00~ 22:00)

室内からオプションやアメニティをオーダーできます
※有料のものがほとんどですが 追加タオル・パジャマ・防寒着などは無料です

 

ハンガーラックの横にはヒーター

カウンターテーブルの上にはCO2測定器や鏡がありました

大鏡付きの 女優ミラー(ライト付き)✨

 

こちらは 衣類乾燥除湿機⤵

 

シングルサイズのベッドが4台置かれていました

※スイートルームはベッドが6台あるようです

それぞれ向かい合って ハリウッドツインになっています

 

枕は一つですが 硬さも適当で すごく寝心地が良かったです

枕元に加湿器とランタンが置かれていました(ベッド2つに対して1組)

USB付きコンセントは各ベッドの枕元にありました

※向かい側のベッドも同様です


ゴージャスですね✨

照明はシーリングファンライト(音は気になりませんでした)

 

調光機能で お部屋の雰囲気を変えることができました✨

ベッドの後ろに光源があります 

※両サイドで同じ色になります

 

窓際の椅子は回転椅子で 座り心地もgood!

f:id:aranciarossa:20231028215001j:image

 

室内は禁煙ですが 屋外スペースは喫煙可能です

焚き火スペースがあります⤵

 

こちらの薪は無料ですが 追加は有料 (QRコードからオーダー)

箱には着火剤(無料)とアートファイヤー(有料)が入っていました

すまりんたちはアートファイヤーを1つ使用しました

※ダイニングにある伝票に記入して チェックアウト時に精算します

 

デッキはしっかり目隠しされているので ドームテントのカーテンを開けたままでもプライバシーは完全に保たれます(^_-)-☆

 

ダイニングルーム

f:id:aranciarossa:20231028213306j:image

ドアは折れ戸で 開閉にちょっと力がいりました

f:id:aranciarossa:20231028213424j:image

右手に流し・食器棚・冷蔵庫

f:id:aranciarossa:20231028213347j:image

 

洗剤とスポンジが置かれていましたがスポンジは新品ではなかったです

すまりんたちは新しいスポンジを持参しましたので こちらのは使いませんでした

 

引き出しの中に夕食の調理方法や土釜の使い方などの説明書きが入っていました

f:id:aranciarossa:20231028213343j:imagef:id:aranciarossa:20231028213406j:image

 

食器乾燥機


f:id:aranciarossa:20231028213421j:image

 

ワイングラス・マグカップ・使い捨ての食器などいろいろ…

 

コーヒー・紅茶・緑茶

f:id:aranciarossa:20231028213431j:image

コーヒードリッパー・ホットサンドメーカー・ミキサー・湯沸かしポット

 

分別ごみ箱

f:id:aranciarossa:20231028213320j:image

 

冷蔵庫は二つ

※小さな冷蔵庫の中身は有料です⤵

f:id:aranciarossa:20231028213838j:image

 

大きな冷蔵庫の飲み物は無料(*^^*)

f:id:aranciarossa:20231028213313j:image

各2本入っていました

お水(FUJISUNSUI)は4本⤵

 

食材が あらかじめ準備されています

調味料⤵


こちらは朝食用の食材⤵

f:id:aranciarossa:20231028213701j:image

 

氷も新鮮✨

f:id:aranciarossa:20231028213728j:image

 

 

ダイニングテーブル

f:id:aranciarossa:20231028214112j:image

こちらは宿泊予約サイトの会員特典✨の噴水フルーツポンチ(※) です

f:id:aranciarossa:20231028214235j:image

(※)本来の特典は「ボトルワイン」なのですが アルコールが苦手な場合 事前連絡するとこちらの「噴水フルーツポンチ」に交換して下さいます(*^^*)

カラフルなライトに照らされて とってもお洒落✨

夕食時に楽しみにいただくことにしました!

有料オプションで注文も可能です(^_-)-☆

 

事前にオプションで注文しておいた「焚き火スイーツセット」2人用

f:id:aranciarossa:20231028214502j:image

サツマイモとマシュマロ

こちらも 夕食後のお楽しみです(*^^*)

 

BBQコンロ

f:id:aranciarossa:20231028213355j:image

すでに夕食のお料理の一部がセットされています

f:id:aranciarossa:20231028214321j:image

まな板やお玉などの調理器具も充実していました

f:id:aranciarossa:20231028214342j:image

※夕食の詳細は次回にさせていただきます(^_-)-☆

 

 

お手洗い

f:id:aranciarossa:20231028214651j:image

手前にスリッパがありました

f:id:aranciarossa:20231028214647j:image

冬でも寒くないようヒーターが完備されていましたが 中がちょっと狭いです

 

 

洗面所・浴室

f:id:aranciarossa:20231028214758j:image

入ってすぐの所にマットがあるので そこで靴を脱ぎます

 

左側の棚は靴置き場です↓

f:id:aranciarossa:20231028214917j:image

 

使いきりのアメニティー・加湿器・防水ランタンが置かれています

f:id:aranciarossa:20231028214921j:image

防水ランタンは 夜にテントサウナを利用する時に使用します

 

ボディタオル・カミソリ・歯ブラシ・ヘアブラシ・コットンセット・洗顔・フェイスパック

f:id:aranciarossa:20231028214902j:image


各自 バスタオル1枚 フェイスタオル2枚ですが 無料で追加オーダーできます

f:id:aranciarossa:20231028214925j:image

 

洗面ボウルは二つで 椅子にはふわふわの座布団がついていました

f:id:aranciarossa:20231028214955j:image

スキンケアセットも備わっています

f:id:aranciarossa:20231028214947j:image

高保湿化粧水・敏感肌用化粧水・高保湿乳液・クレンジングオイル

f:id:aranciarossa:20231028214951j:image

 

ヘア家電も充実✨

f:id:aranciarossa:20231028214933j:image

ドライヤーの下にはヘアアイロンとストレートアイロンf:id:aranciarossa:20231028214929j:image

 

 

シャワールーム

f:id:aranciarossa:20231028215150j:image


Refaのシャワーヘッド✨

f:id:aranciarossa:20231028215127j:image

シャワーのほうは自動止水ではなかったので使いやすかったです

f:id:aranciarossa:20231028215134j:image

 

露天風呂へ…

f:id:aranciarossa:20231028215142j:imagef:id:aranciarossa:20231028215123j:image

 

f:id:aranciarossa:20231028215332j:image

チェアは コールマンのインフィニティチェア✨

 

テントサウナ

f:id:aranciarossa:20231028215414j:image

セルフのロウリュサウナです

f:id:aranciarossa:20231028215336j:image

ロウリュサウナは サウナ発祥の地 フィンランドで一般的にされているやり方で サウナストーンに水やアロマ水をかけて蒸気を発生させます

うちわの上にアロマ水が置かれていました

チェックイン時に お水やアロマ水の使用量についても説明を受けましたが 中にも説明がありました

ロウリュの場合はドライサウナよりも低温なので 比較的長く入れます(^_-)-☆

f:id:aranciarossa:20231028215329j:image

ただし 3時間タイマーになっていて 連続利用する場合はその都度延長する必要があります


左は 水風呂です

f:id:aranciarossa:20231028215359j:image

地下80mから汲み上げた富士山の天然水水風呂だそう…

f:id:aranciarossa:20231028215340j:image

サウナの後で1〜2分入るのが目安ですが サウナ初心者のすまりんたちには冷たすぎて 足を10秒くらいつけるので やっとでした^^;

 

富士天空の湯(人工温泉

中は見えませんが 幅の違うL字の段差があって半身浴も可能!

人工温泉製造装置により天然温泉に近いアルカリ湯が供給されています

アルカリ性で乳白色のお湯は珍しいですし 温泉気分をしっかり味わえました

ただ 温度がちょっと高くて 長湯はできませんでした^^;

シャワールームの扉に書いてあったように 水風呂の水をサウナ用のバケツですくって お風呂に足して調整するしかないのですが…

f:id:aranciarossa:20231028215123j:image

一瞬はぬるくなっても 自動調整機能であっという間に元の温度(41〜42℃)に戻ってします^^;

もうちょっと寒い時期なら 快適だったと思います

 

お風呂から上がったら 急いで夕食の準備に取りかかりました

 

   ...

 

イタリア旅行記(2015年夏)⑤~ヴェネツィア観光

すまきとすまりんの 2015年 イタリア旅行✨

本日 最終回です(^_-)-☆

 

前回までのお話はこちら⤵

www.aranciarossa.work

 

朝食は ホテルのビュッフェでした

連泊しますが 明日は早朝出発のため朝食はありません

これがイタリアで最後の朝食となります

 

ハムに チーズに ゆでたまご...

 

パン・ドライフルーツ・フルーツコンポート

 

小袋に入ったスナック感覚のものも...

nutella (ヌテッラ)は 見るだけで口の中が甘くなりそうです(笑)

フルーツは タワーにドーンと!

 

海の見えるテーブルで 優雅にいただきました(*^^*)

すまきのチョイス⤵

すまりん⤵

イタリアの朝食は やっぱり黄色っぽいです(笑)

野菜をしばらく食べていないような...^^;

 

~~~~~~~~

このあと 水上バス(ヴァポレット)でヴェネツィア本島のサンマルコに行きました

昨日とは打って変わって青空です(*^^*)

 

観光客の少ないうちに パリャ橋の上で記念撮影📷

後方に見えているのが「ため息橋 Ponte dei Sospiri」

左手の「ドゥカーレ宮殿」の裁判所から 対岸の「牢獄」に架けられた橋です

投獄される囚人が この橋を渡る時 見納めの美しい景色にため息をついたということで この名前が付いたそうです...

 

すまりんの故郷の宇和島市にも「見返橋」という橋があります

言い伝えによれば これから刑場へ向かう罪人が(家族との別れを惜しんだりして)懐かしい宇和島の城下町を振り返ったことからこの名前が付けられたそうで そのことと重なりました

 

「ため息橋」は現在 観光客が歩いて渡ることができます

ドゥカーレ宮殿も牢獄も公開されているので これから行ってみます...

 

ドゥカーレ宮殿(こちらは別日に撮影)

ドゥカーレ宮殿

ヴェネツィア共和国の総督公邸 兼 政庁 兼 裁判所 兼 牢獄 兼 武器庫です

つまり 行政府・立法府・司法府・刑務所がひとつの建物に入っていることになります

 

ドゥカーレ宮殿の中庭に入ってきました

正面にあるサンマルコ寺院に接して コの字型に宮殿の建物があります

 

宮殿に入るとまず「黄金の階段」に圧倒されます!

周囲が24金の金箔と漆喰とフレスコ画に飾られた豪華絢爛な階段は共和国議員や貴族 外国の賓客など限られた人のみしか通ることが許されなかったそうです

※写真は天井のみ(笑)

 ...たしか普通の階段でしたので全体像を撮りませんでした^^;

 

ヴェネツィアの歴史は ゲルマン民族大移動(375年~ ゲルマン人皆Goと覚えました)で土地を追われた北イタリアの人々が 湿地帯の島に逃れてきたのがはじまりです

名目上は東ローマ帝国に属していましたが 実質は自治権をもち やがて初代総督を選出してヴェネツィア共和国となりました✨

 

4つの扉の間 (Sala Delle Quattro Porte)の ”天井”

客人が待機する控えの間だそうですが 絢爛さで圧倒させて 総督の権威をいやがうえにも高める仕掛けですね

 

壁画は「ヴェネツィアに赴いたハインリッヒ三世」

ヴェネツィア共和国イスラム諸国を含めた地中海交易で栄え 軍船や大型商船の製造に長け 1日1隻の造船能力があったそうです!

ガリレオ・ガリレイを技術顧問に迎えるなど 世界における造船・兵器製造の一大拠点となりました

地中海最強の海軍国家となったヴェネツィアは 貿易で巨万の富を集めました✨

 

謁見の間(sala del Collegio)

ここで外国の使節が総督に謁見するほか 共和国の重要な政治決定がなされる場でした

 

元老院の間(Sala del Senato)

元老院は総督にアドバイスを与える諮問機関でした

天井ばっかり見上げて首が痛くなりそうです^^;

 

大評議会の間(Sala del Maggiore Consiglio)

天井高は15m 縦横は25m×54m

面積は1350㎡もある宮殿で最大の部屋です!

柱のないこの巨大な部屋には高度な造船技術が使われているそうです

大評議会はヴェネツィア共和国の最高政治機関で 総督の選任にもかかわります

最盛期には2000人以上の評議員が この部屋で一堂に会したそうです✨

 

16世紀にオスマントルコが勢力を広げると ヴェネツィア共和国の栄華は翳り始めます

そして ポルトガルヴァスコ・ダ・ガマ喜望峰をまわるインド航路を発見し 東方交易の独占が崩れてしまいました💦

これに対してヴェネツィアは ガラスやレースなどの工芸品を作ることで対処しましたが かつての海洋国家の地位は取り戻せませんでした(>_<)

そして1797年ナポレオン・ボナパルトに侵略されて共和国は崩壊します...

 

さて

きらびやかな宮殿から一転...

宮殿内の裁判所で有罪となった人は 川向こうの牢獄に送られます

宮殿側から見た「ため息橋」

 

こちらが橋の入り口です

ちょっと緊張...

 

ため息橋の真ん中まで来ました

これは 牢獄に向かって左側の窓からの景色です

 

反対側の窓からは 観光客で混雑するパリャ橋が見えました

この時間 すでに多くの観光客がこちらを見物していました

自分が注目されてるような錯覚に陥りそうです^^;

 

さっきまでの宮殿とは天と地の差がありますね💦

 

窓は 脱獄できないように厳重な造りになっていました

すまきの縞々の服が なんとなく雰囲気出してます(笑)

 

 

サンマルコ広場 (※前日撮影した写真です)

 

今朝は快晴!

鐘楼に登って見ました(^_-)-☆

事前にチケットを購入しておくと優先的に入場可能でした(^_-)-☆

エレベーターで最上階まで行けます

   ⇩ ⇩ ⇩

 

頂上からは ヴェネツィアの町並みが一望できました(*^^*)

右のドームはサンマルコ寺院↗

 

サンマルコ広場にはいくつかのカフェがありテーブルが並んでいますが...

 

こちらのカフェ・フローリアン Caffè Florian は なんと1720年創業!

現存する世界最古のカフェで カフェラテの発祥地なのだそうです✨※2013年撮影

 

 

広場に落ちる鐘楼の影...

この地に侵攻したナポレオンは サンマルコ広場を見て「世界で一番美しい広場」と讃えたそうです

すごく絵になりますよね✨

 

ゴンドラが行き交う水路

時間の都合で今回は乗れませんでしたが...

 

2013年のツアーでは 乗りました⤵

前回の記事には この細い水路で撮影した30秒の動画もあります

 

~~~~~~~

すまりんたちは 再び水上バス(ヴァポレット)に乗り...

お魚の形をしたヴェネツィア本島から ちょっと離れた島に行きました

 

途中の景色です

ヴェネツィアの海に沈みゆく廃墟...

美しいですが さみしいですね💦

 

~~~~~~~~

ブラーノ島に到着しました

ヴェネツィア本島からは 45分くらい...

 

運河にはたくさんの船がとめられています

両側にはいろんな色のおうちが並んでいますね✨

ブラーノ島は 昔からの漁師町

早朝 仕事を終えて帰宅する時 霧が濃くても自分の家が分かるように こんな個性的な色の壁に塗ったのだそうです

うちは 何色がいいかなぁ...

 

お昼はこちらのトラットリアでいただきました

Trattoria al Gatto Nero

 日本語に訳すと "黒猫食堂" でしょうか

 

人気店のようなので日本からメールで予約を入れていました(^_-)-☆

 

メニュー(一部)

 

ブラーノ島の町がデザインされたお皿がお洒落です(*^^*)

 

まずは スパークリングワインで乾杯✨

すまりんは昼間から酔っぱらうわけにはいきませんので なめる程度で(笑)

 

 Risotto alla buranella / Risotto Burano Style

お店の一押しメニューです✨

ギオッツィ(この辺りで獲れるハゼのような魚)の出汁とイタリア米とで作るリゾットで ブラーノ島の伝統的な郷土料理だそうです

 

Calamari Fritti / Fried Squid

ヤリイカフリットは 弾力があって ものすごく美味しかったです

レモンをぎゅっと絞ると 脂っぽくなくて さらっといけました

 

まだまだおいしそうなお料理はありましたが これで満腹になりました(*^^*)

 

 

写真を撮り損ねましたが^^;  あちこちにお土産屋がありました

ブラーノ島の名産は レース編みの製品です

漁の網の補修をしていた漁師の妻たちが 刺繍やレース編みの技術を発展させたのだそうで 現在は伝統工芸のようになっています✨

島のなかに 何軒かお店がありましたので そのうちの1軒に入りました

 

購入した 猫の模様のしおり⤵

f:id:aranciarossa:20240317200603j:image

すごく細かいですが 手編みなのですって!

f:id:aranciarossa:20240317200606j:image

 

~~~~~~~~

お次は

ムラーノ島 

ブラーノ島から水上バスで30分ほどかかりました

ヴェネツィアといえば 「ヴェネツィアンガラス」が有名ですね✨

イタリア語では vetro di Murano(vetro:ガラス)

英語ではMurano glass と言います

まさに"ムラーノ島のガラス"ですね(^_-)-☆

 

ヴェネツィア共和国ヴェネツィアンガラスの技術が流出することを恐れ 全ての工房職人をこのムラーノ島強制移住させていました

職人に自由はありませんでしたが 狭い島内に工房が密集したため 技術の切磋琢磨が進み 様々な名品がつくられる要因にもなったようです

ルネサンス期の15~16世紀にはその繁栄は頂点に達し ヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」はムラーノ島から連れ出された12人の職人が作成したと言われています

 

ムラーノガラス美術館

中の写真はありませんが ガラスの長い歴史が紹介され 島で製造された土産物も販売されていました(^_-)-☆

 

~~~~~~~~

 

ヴェネツィア本島に戻ってきました

駅の近くでお土産を買いこみ 大荷物になってしまいました^^;

茶色の袋の中は 有名なチョコレート屋さん(Pasticceria Dal Mas)のチョコレート

 

 

イタリア最後の夕食は ピザを食べることに決めました

PIZZERIA ALL'ANFORA

 

テラスにて...

飲み物は コーラです

 

ピザは「マルゲリータ」と「マリナーラ」を注文しました

すまりんの手のサイズより 何倍も大きなピザ!

バジルは見当たりませんが マルゲリータです

マルゲリータピザの由来について 過去記事でも何度か触れました

今から130年ほど前 ウンベルト1世とその王妃マルゲリータナポリを訪れた際 当時最高と言われたピザ職人がこのピザを献上したようです

赤(トマトソース)・白(モッツァレラチーズ)・緑(バジル)の3色がイタリア国旗の色合いと重なり王妃が大変気に入ったそうで このピザは「マルゲリータ」と呼ばれるようになったのだそうです

なのに 本場イタリアのマルゲリータにはバジルがのっていないことがたびたび(笑)

 

こちらは マリナーラ

マリナーラは にんにく・オリーブオイル・バジルなどを混ぜ合わせたトマトソースのシンプルなピザです

「マリナーラ」は"漁師風" "船乗り"といった意味で なんとなくシーフードピザをイメージしてうっかり注文してしまったのですが…

これは すまりんたちの好みの味とはちょっと違っていました^^;

 

魚介がのったシーフードピザが食べたいなら 「ペスカトーレ」を頼まないといけません

 「ペスカトーレ」も"漁師" という意味なので ややこしいです💦

 

~~~~~~~~

再び水上バスで リド島に戻りました

 

真ん中の赤いのが すまりんたちのホテルです

 

イタリア最後の夜...

対岸のヴェネツィア本島のライトアップが美しかったです✨

 

 

ーーーーーーーーーー

翌早朝...

海には霞がかかっていました

 

水上バスに乗りこみ ヴェネツィア空港へ向けて出発です

 

帰路...

飛行機でアルプスの山々を越えていきました

窓から マッターホルンの姿をとらえることができました(*^^*)

 

こちらは 昔 スイスで見たマッターホルンのモルゲンロート✨

 

 

すまりんたちを乗せた飛行機はドーバー海峡を越えて行きます✈

※帰りはロンドンのヒースロー空港経由だったのです

ロンドン郊外の街並みは トイカメラがピタリとはまりました(*^^*)

 

お話は以上になります

ちょっと穴場のイタリア旅... 楽しんでいただけたでしょうか

最後までお読み下さりありがとうございました(*^^*)

 

 

次回は

 「ビジョングランピングリゾート山中湖」のお話です

イタリア旅行記(2015年夏) ④~ヴェネツィアへ

すまきとすまりんの 2015年 イタリア旅行✨

 ~第4話~

 

※前回までのお話はこちら

 

翌朝...

連泊のため 前日と同じバイキングの朝食です

真っ黒に焦げたクロワッサンが目立っていました(笑)

 

フルーツは 籠盛りです✨

前日の写真をあまり撮っていなかったので比較しづらいのですが ビュッフェの内容はそんなに変わっていなかったと思います

 

これは 前日の朝食の写真です⤵

 

これが 本日の朝食⤵

バナナとコンポートが増えた分 充実していますね(笑)

 


この後 フィレンツェをあとにして ヴェネツィアに向かいますが🚅...

 

その前に フィレンツェの市場で買い物をしました

日本では見かけない野菜も並んでいて 見るだけでも楽しいです

 

パスタやオリーブオイルも充実✨

こちらのお店で エキストラバージンオリーブオイルを購入しました

 

 

もう何度目かのフィレンツェの駅ともお別れ...

10:55発の高速列車に乗車します🚄

イタリアには「フレッチャロッサ」と「イタロ」の2種類の高速列車があります

今回は「イタロ」に乗車 (^_-)-☆

「イタロ」の座席も4クラス(エクゼクティブ・プリマ・コンフォート・スマート)あります

せっかくなので またまた奮発して「プリマ」に乗りました

※イタリアの電車(国鉄・Trenitalia)は日本からネットで予約・事前決済可能

 

フレッチャロッサのビジネス席と同様... プリマはウェルカムドリンクと小菓子付きです 

飲み物はやっぱりブラッドオレンジジュース でした(*^^*)💛

 

ただいまの瞬間時速は300km/h✨

 

行く手にヴェネツィアが見えてきました

海の真ん中を進んで行きます

ヴェネツィアは ヴェネタ潟(Laguna Veneta)という内海の中に浮かぶ島にある都市で 本土から線路がつながっているのです


鉄道でヴェネツィアに来たのは初めてです!

 

まもなく到着...

 

ヴェネツィア・サンタ・ルチーア駅 Stazione di Venezia Santa Lucia

駅前の広場に出たところです

 

矢印に従いチケット売り場で水上バス(ヴァポレット)のチケットを購入します

駅からすぐ船に乗れるようになっていて とても便利です

ヴェネツィアの町の移動には陸路のバスや電車はありません

 

複数の路線があるので行き先を確認してから 乗船...

 

正面の大きな橋は リアルト橋 Ponte di Rialto といいます

13世紀に架けられた橋で元は木製でしたが 16世紀に石橋に架けかえられました

でも 今日はなんだか様子がおかしいです... 

橋の上には誰もいませんし 半分は絵で覆われています

残念ながら 修理に入ったばかりでした^^;

 

ちなみに こちらは2013年のツアー旅行の時の写真です⤵

橋の上は賑わっていました✨

現在は ふたたび美しいリアルト橋が見られることでしょう...

 

さすが 水の都といわれるだけあって 延々と水路が続きます

不思議な光景ですよね...

 

水上バスの乗り場「サンマルコ San Marco

ここがヴェネツィアの中心部ですが...

すまりんたちはホテルを目指しているのでそのまま通過...

絵になる風景✨

 

すごい人だかりです👀

手前の橋(パリャ橋) から 有名な「ため息橋」を見ることができるのです

 

※ため息橋は建物の間に架かる白い橋で次回ご紹介予定です

 

~~~~~~~

広い内海(潟)に出ると 波が荒くなってきました

すまりんたちの今回の旅の最終宿は「リド島」にあります

リド島はヴェネツィアの南に位置する細長い島

世界三大映画祭のひとつ「ヴェネツィア国際映画祭」はリド島で開催されます

 

ヴェネツィア本島は歴史的建造物が多いせいか 水回りに不具合の多いわりに値段の高いホテルが多いようですが...

ちょっと離れたリド島のホテルは値段も安くておすすめです(^_-)-☆

 

サンマルコから およそ15分ほどでリド島に到着🚩

 

こちらが 宿泊するホテル(二連泊します)

Hotel Villa Laguna

赤い壁がお洒落なホテルです(*^^*)

館内も素敵ですね✨

客室数は20室

スタンダードルームとスイートルームの二種類のお部屋があるようです

すまりんたちのお部屋は 215号室⤵

海の見えるバルコニー付きの スイートルームです✨

 

広さは35m²で そこまで大きくありませんが 清潔感のある明るいお部屋でした

 

バルコニーから サンマルコ広場が見えました(*^^*)

これもリド島ならではの景色です!

🔍

 

寝室

事前にリクエストすればツインベッドに変更できたようです

 

洗面所

バスタブはついていますが すまりんたちは海外ではあまりお湯を張ってくつろぐことはありません

この時もシャワーのみの利用だったと思います(^_-)-☆

 

 

夕食は ヴェネツィア本島でいただくことにしました

小雨が降る中 再び水上バス(ヴァポレット)に乗り…


「サンマルコ 」に到着

すまきの後方にあるのは 先ほど混雑していたパリャ橋ですが まだ賑わっていました

 

少し時間が経ち 人通りも減ってきたころ ようやく落ち着いて記念撮影できました

 

夕食をいただいたのは 路地の奥に見えるお店

Ristorante Antico Pignolo

 

実は 2013年のツアーでも訪れたお店なのです

地元の隠れた名店だそうで 美味しかったので再訪することにしました

 

今回は早いめの時間だからか ゆったりしていました(*^^*)

 

二人の写真も撮って下さいました💛

まるで記念日のような素敵な雰囲気です✨

多分 グラスワインで乾杯したのでしょうけど すまりんはお酒に弱いのでボトルのミネラルウォーターもいただきました

 

スパゲッティ二種はシェアしました

 

スパゲッティ ボンゴレ  spaghetti alle vongole

 

イカ墨のスパゲッティ Spaghetti al nero di seppia

実はこのイカ墨のスパゲッティがお目当てだったのですが なんとメニューになくて💦

すまりんが 店員さんにイタリア語で質問してみました(^_-)-☆

そうしたら「ありますよ!」と嬉しそうに答えて下さり 出して下さいました!

 

最高に美味しかったです✨

「裏メニューを注文できたのはすごい!これだけで一生懸命イタリア語を勉強した甲斐があったね」と(笑)すまきが大げさに感動してました^^;

『もう いいのかい...』って なりますね(笑)

おかげで それから10年近く...すまりんの語学力にほとんど進展はありませ

 

手長えびのグリル焼き  Scampi alla griglia

香ばしくて美味しかったです(*^^*)

ところで 付け合わせに「野菜の付け合わせ contorno」も注文したのですが...

 

実は ここにあった コレでした⤵

日本だったら 彩りで(飾りに)付いてくるような量でした(笑)

イタリア人は 本当に野菜を食べているのでしょうか...?

 

途中で 飲み物を追加注文しました

色は薄いですが  わざわざ注文したということは大好きなブラッドオレンジジュースだと思います(^_-)-☆

赤じゃない品種もあるので...

 

デザート

大きなグラタン皿に入ったものをフランベしてから分けて下さったものです

焼きプリンみたいな 味だったと思います

 

最初のワインのせいで ちょっと酔っぱらいのすまりん(笑)

首まで赤いですね^^;

 

サンマルコ広場は天気が良ければ きっと夜も賑わっているのだと思います...

高さ100m近いあの鐘楼には 翌日登りました

 

サンマルコ広場の向かいに望む「サン・ジョルジョ・マッジョーレ島」と ゴンドラを操るゴンドリエーレがなんともよい雰囲気です

サンマルコ広場の塔とそっくりな塔がありますね👀

 

雨だったからか カバーを掛けられたたくさんのゴンドラが...

夜間営業もされているようです(^_-)-☆

 

すまりんたちは今回は乗りませんでしたが 2013年のツアーでは家族で乗りました

※同じツアーのかたが 別のゴンドラから撮影して下さった写真です

 

この時に撮影した30秒ほどの動画です (音量にご注意下さい)

偶然にもサンマルコ広場の鐘楼が11時の時を告げていました♪

 

~~~~~~~

ヴェネツィアの観光は また明日にして...  リド島に戻ります

お天気は回復傾向!

 

赤いホテルが見えてきました


お部屋のバルコニーで乾杯✨

中身は「炭酸水」です(笑)

夕暮れのヴェネツィア

ちょうど気候もいい感じだったので

日が完全に暮れるまで ぼーっと海を眺めていました...

  

 ・・・

イタリア旅行記(2015年夏)③~サンマリノ共和国 

すまきとすまりんの 2015年 イタリア旅行✨

 ~第3話~

 

※前回までのお話はこちらです

 

翌朝はホテルでビュッフェの朝食をいただきました

今回ちゃんと写真を撮らなかったのですが💧

前泊のホテルと比べると 選択肢は少なかったかも...

イタリア人は朝はあまり野菜を食べないようです

 

ジュースもオレンジジュースとパイナップルジュースのみでした

 

なんとなく黄色い朝食(笑)

すまきのセレクト⤵

すまりんのセレクト⤵

 

連泊なので お部屋に荷物を置いて身軽に駅まで歩きました

ホテルの前の道路に駐車してある車の数がすごかったです👀

美しいフィレンツェの町とアルノ川

 

分かりづらいですが 昨夜訪れたヴェッキオ橋(Ponte Vecchio)が見えています

 

※これは2013年にウフィツィ美術館から撮影したヴェッキオ橋⤵

 

徒歩10分ほどで フィレンツェ サンタ マリア ノヴェッラ駅 に到着

昨日と同じ高速鉄道フレッチャロッサ」に乗り ボローニャ方面へ向かいます

前回も書きましたが 最高速度は300km/hと日本の新幹線なみです✨

※乗車券は当日 駅で購入することもできますが ネットで予約購入も可能

 

今回もビジネスクラスにしたので ウェルカムジュースと小菓子付き!

ジュースはやっぱりブラッドオレンジジュースでした💛

 

2時間ちょっとでボローニャ チェントラーレ(中央)駅  に到着

ここでTaranto(ターラント)行きのフレッチャロッサに乗り換えました

途中の リミニ駅 まで乗車します

のどかな風景ですが ちょっと天気が心配^^;

 

乗り継ぎのボローニャ駅から 約1時間でリミニ駅に到着

 

本日の目的地は

サンマリノ共和国  Repubblica di San Marino

イタリア中央にある小さな独立国家で世界最古の共和国です✨

国土面積は 61.2平方キロメートルと 世田谷区(58.1平方キロメートル)より少し広いくらいの国で 世界では5番目に小さな国家です✨

※イタリアからの入国にはパスポートは不要です(^_-)-☆

 

ヨーロッパには アンドラ公国モナコ公国リヒテンシュタイン公国バチカン市国マルタ共和国 そしてサンマリノ共和国の6つのミニ国家(マイクロステート)があります

 

 

ちなみにバチカン市国には2013年にツアーで訪れました(^_-)-☆

 

 

リヒテンシュタイン公国には 大学1年の夏 すまきが友人と訪れたそうです

すまきのアルバムにはってあった絵葉書 ↑

 

アルバムには なぜかこの写真しかなかったのですが^^;

f:id:aranciarossa:20240316220220j:image

※すまきのお相手は元カノではなく(笑) すまりんもお会いしたことのある男性です

カッコいいかたで 今はパイロットとして世界を飛び回っておられます(^_-)-☆

 

 

リミニ駅の向かいのバス停からサンマリノ行きのバスが出ています

チケットはバスの中でも購入できると思いますが すぐ近くのタバコ屋さん(TABACCHERIA タバッケリア)で往復チケットを購入しておきました

 

バスが到着...

※本数が少ないのであらかじめ時刻を確認しておくほうが良いです(^_-)-☆

 

サンマリノの人口は3万数千人だそうで 9つの行政区画があり 首都は国名と同じ「サンマリノ市」です

標高739mのティターノ山の上にあります 

 

50分ほどで 到着🚩

 

山麓のボルゴ マッジョーレという町からケーブルカーで来る方法もあるようです

 

バスで戻る場合は リミニ行きのバスの時刻もチェックしておきましょう

駐車場からの眺めも素晴らしいです(*^^*)

 

サンマリノの案内図

芸術の小径・博物館・映画館・自然歩道・役所・サービスの場所が記されています

サンマリノ観光の目玉「3つの砦」が案内板の上方に並んでいるのですが この写真では右端のがほぼ切れてしまっています^^;

 

辺りには中世の歴史を残す多くの建築物がありました

 

サンマリノの歴史地区とティターノ山」は2008年に世界遺産に登録されています

西暦301年...

ローマ皇帝ディオクレティアヌスによるキリスト教迫害を避けた「石工のマリノ」が 仲間と共にティターノ山に三つの砦を築いて立てこもった共同体が 国のはじまりといわれています

1631年 ローマ教皇に独立を承認され 世界最古の共和国「サンマリノ」となりました

 

石畳の両側にお店が並んでいて 記念品やコインなども販売されていました

ユーロの硬貨は 片面は共通ですが もう片面は各国で独自のデザインになっています

流通量の少ない「サンマリノ・ユーロ」の硬貨はコレクターに人気なのだそうです!

言語その他はイタリアと同じです(^_-)-☆

 

さらに坂道を上がってきます🐾🐾

 

リベルタ広場にある 共和国宮殿 Palazzo Pubblico

共和国宮殿はサンマリノ市の 市庁舎 国会議事堂 博物館です(^_-)-☆

広場に立つのは自由の女神

1876年に寄贈されたもので ニューヨークのものよりも古い ”元祖” 自由の女神だそうです👀

 

建物の入り口には衛兵さんが不動で立っておられました

1時間毎に衛兵交代式があるようですが 時間の都合で見れませんでした💧

 

先に砦の見学をし 戻ってきてから入場したのですが...

その時はすでに衛兵さんはおられませんでした^^;

 

内部の見学をしている時の写真です  (※入場は有料)

どういう状況かは分かりませんでしたが 下に(動いておられる)衛兵さんが2人おられました

 

イタリア人 ジュセッペ ガリバルディのプレートがありました

中世以来 イタリアは多数の国家に分かれていましたが 19世紀半ば ほぼ今の形に近いイタリア王国に統一されました

この時活躍したジュセッペ ガリバルディイタリア建国の父✨とされています

サンマリノ共和国」は 困難な時に彼をかくまったり義勇軍を派遣したりしてイタリア統一にとても貢献したのだそうです!

そのため「サンマリノ共和国」は全周をイタリアに囲まれながらも 近代国家として独立と主権を保ったようです

 

議事堂(※撮影はできますが 外からの見学のみ可能でした)

まるで教会のような雰囲気ですが 壁画中央に描かれているのは 建国者の「聖マリノ San Marino」です

彼の名前が国名になったのですね!

 

少し高い所から 共和国宮殿を背景に記念撮影📷

 

ロープウェイの駅が下方に見えています

 

見覚えのあるかたもおられると思いますが

サンマリノは近年「ルパン三世 PART4」の舞台にもなりましたよ(^_-)-☆

 

 

サンマリノ大聖堂 Basilica di San Marino 

 

サンマリノの国旗

平和を表す白と 自由を表す青...

盾の中に3つの砦(グアイタ・チェスタ・モンターレ)がデザインされています

下にはラテン語で「LIBERTAS(自由)」と書かれています

 

これから3つの砦を順に訪れて行きたいと思います🐾🐾

 

門のすぐ向こうに城のような砦が見えていますね...

これが第一の砦 グアイタ

 

上に登ってみます(^_-)-☆

 

塔の中にも入ることができます


 

最上階まで上がりました

 

顔を出すと少しくらっとするほど高かったです^^;

 

 

続いて 第二の砦を目指します🐾🐾

 

第二の砦 チェスタ

一番高い頂にそびえる城砦です

美しいですよね✨

こちらも上まで登ることができました

 

すまきの後方に見えているのは第一の砦のグアイタです⤵

グアイタもこちらの方向から眺めるととても美しいですね(*^^*)

 

この先まで行くともっと美しいグアイタを見ることができました

 

 

 チェスタの最上階の胸壁

油断すると落ちてしまいそうですが 保護柵も危険表示もありません💦 

日本ではありえないですね^^;

すまりんは お尻がキューってなりながら腰掛けています💦

 

ちょっと危なそうな足元は"石落とし"でしょうか...

 

向こうに見えているのは第三の砦です

 

 

第三の砦 モンターレ

チェスタから10分ほど歩いた所にあります

見張り台として建てられたそうですが 遠い上 他の二つと比べても地味なので 訪れる人は少なそうでした

 

真下の道も整備されてなくて パンプスだと歩きにくかったです💦

 

見晴らしは良さそうですが 残念ながら 中に入ることはできません

 

 

先にも書きましたが  サンマリノに入国する際 手続きは不要です

つまり 何もしないとパスポートに「サンマリノ共和国」の入国スタンプが押されることはありません

観光案内所では 有料でパスポートにスタンプを押して下さいます

この時は 5€(ユーロ)でしたが 記念になりますよね(^_-)-☆

 

すまりんの後方にあるお店では 切手やコインを販売していました

途中のお店で買ったハガキにサンマリノの切手を貼って投函しました

サンマリノのポストは白地に青...

国旗と同じ色合いなのでしょうね

 

帰国後 無事 サンマリノの消印付きでハガキが届きました(*^^*)



 

ちょうど見学を終えたころから 風が強くなり雨が降り出しました💦

 

目の前にあったお店に入って 遅いめのランチを食べました

Hotel Ristorante Diamond

 

メニューの一部

正確には何を注文したか覚えていないのですが^^;

ふたりとも同じパスタを注文して...

こちらのお肉とポテトをシェアしたようです⤵


デザートはフローズン✨

パピコのチョココーヒー味に似ていました(*^^*)

 

 

バス🚌でリミニ駅まで戻ってきました

 

列車で寝落ちするすまりん...

イヤホンで聞いているのはイタリア語会話...

緊張感がないので いつもこんな感じです💦

 

 

ところで フィレンツェに戻って夕食を...と思っていたら

スーパーマーケットも含め お店が全て閉まっていました😱😱

イタリアでは基本的に日曜日はお休みのことが多いので注意です!

※最近は観光地では日曜日も営業しているお店が増えているそうです...

 

仕方ないので ホテルのお部屋で 日本から持ってきたお菓子を夕食にしました

^^;

 

今回はお見せできる夜景もなく...

こんなひどい終わりかたで ごめんなさい💦

 

 

翌朝には 列車でヴェネツィアへと向かいます🚅

 

 ・・・

イタリア旅行記(2015年夏) ②~フィレンツェ観光

すまきとすまりんの 2015年イタリア旅行✨

 ~第2話~

 

前回のお話はこちら⤵

 

翌朝  ホテルからの共和国広場の風景...

 

二泊目の朝はゆっくりの出発だったので 無事に朝食にありつけました

 

ジャンボソーセージは さすがにオブジェかな… 

もしかして本物??

 

シリアルいろいろ...(*^^*)

 

パンとジャム・蜂蜜

パンは 自分でカットします(^_-)-☆

 

菓子パンもありました

 

フルーツ色々…

 

ドリンクコーナー

右の赤いのは ブラッドオレンジジュース Succo di Arancia Rossa

すまりんブログの読者さんはご存知かもしれませんが Arancia Rossaは すまりんのidです(^_-)-☆

※Aranciaはオレンジ🍊 Rossaは赤い という意味

 

すまりんとブラッドオレンジの関係についても書いています⤵

www.aranciarossa.work

 

朝食の写真はあまり撮らなかったのですけど...

ブラッドオレンジジュースは もちろんはずしません(^_-)-☆

 

黄色いのは Succo di Ananas (パイナップルジュース)です

この時点でブラッドオレンジジュースはすでにカラです(笑)

 

ーーーーーーーーーー

ホテル(BOSCOLO EXEDRA ROⅯA)をチェックアウトし

ローマのテルミニ駅で ミラノ行きの高速列車に乗りました

 

かっこいい列車がホームに入ってきました✨

FRECCIA ROSSA (※赤い矢という意味です)

最高速度は300km/hと 日本の新幹線なみです✨

座席は4クラス(エクゼクティブ・ビジネス・プレミアム・スタンダード)

 

イタリアの電車(国鉄・Trenitalia)は日本からネットで予約・事前決済できます

すまりんたちは ちょっと奮発してビジネスクラスに乗りました

エクゼクティブは食事付きで ビジネスとプレミアムではウエルカムドリンク+小菓子が提供されます

ドリンクはブラッドオレンジジュースでした(*^^*)

 

90分ほどで フィレンツェターミナル駅 Firenze Santa Maria Novellaフィレンツェ サンタ マリア ノヴェッラ)に到着🚩

到着時の駅の写真は撮り損ねました^^;

なぜかというと...

駅の階段から転落し あおむけで血まみれになっている人がいたのです💦

救急車の到着を待っているようでしたが  ホームは「medico!medico!」と医者を呼ぶ声であふれていて...

写真撮影どころではありませんでした

 

 

本日宿泊するホテルは 駅から10分ほど歩いた場所です

HOTEL EXECTIVE

チェックイン後  荷物を置いて散策に出かけました

 

ホテルは フィレンツェの歴史地区の中心にあり「ヴィーナスの誕生」で有名なウフィツィ美術館や「ダビデ像」のあるアカデミア美術館から徒歩圏内です

 

ウフィツィ美術館は以前 ツアーでも訪れましたので...

今回はアカデミア美術館を訪れました⤵

※入場には予約が必要で 日本からもネットで事前予約できます(^_-)-☆

 

館内には多数の展示物がありますが

目玉は何といってもミケランジェロダヴィデ像」

ダヴィデ像の複製は他の場所でも見られますが これがオリジナルです✨

※嬉しいことに撮影OKでした(^_-)-☆

 

後ろ姿は意外にのっぺり?

 

そのほか展示物は多数ありましたが 芸術に詳しくないすまりんたちは さらっと見学して退出しました^^;

 

ちなみにこちらはウフィツィ美術館前の広場のダビデ像(複製)です


フィレンツェの街の広場には カルーセルもありました

とっても素敵な雰囲気ですよね...

どんな服装でも許される気がしたので(笑)後先考えずカーデガンをホテルに置いてきてしまいました^^;

 

イタリアに行ったら必ず食べたい本場ジェラート

こちらはフィレンツェで有名なジェラテリア です

Perché no!...(ペルケ ノ!)

イタリア語で「どうしてNOと言いましょうか!もちろんOK!」みたいな意味

英語では Why not? ですかね (^_-)-☆

 

二人とも ピスタチオ(pistacchio)とイチゴ(fragola)にしました

すごく美味しくて もう一個食べたいくらいでしたが ...

今は がまん(笑)

 

 

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂にも行きました

「サン ジョヴァンニ洗礼堂」・「大聖堂(ドゥオーモ)」・「ジョットの鐘楼」で構成されていて 世界遺産フィレンツェ歴史地区」に含まれます

入場はしませんでしたが 左手前の建物が「サン ジョヴァンニ洗礼堂」です

 

大聖堂(ドゥオーモ)の正面

装飾が見事ですね✨

 

右側の塔が ジョットの鐘楼

建築家で画家のジョットによる設計だそうで 高さは約85m

すまりんたちは登りませんでしたが 400段ほどの階段で上まで行くことが可能だそうです

 

大聖堂のクーポラ(円蓋)の高さは120m近くあるそうです⤵

以上の写真からでは 大聖堂よりも鐘楼のほうが高く感じますが...

 

この写真だと 大聖堂のクーポラの方がわずかに高いのが分かりますね

 ※2013年のツアーで丘の上から撮影したものです

 

前回のツアーでは外観の見物のみでしたが 今回すまりんたちはクーポラに登ってみたくて 大聖堂(ドゥオーモ)に入場しました

※クーポラに上がるのは有料で 「事前予約」が必要だったと思います

大聖堂の床にはガラスの部分があり古代ローマの遺構が見られるようになっていました

 

クーポラに登るチケットで 地下の見学もでできました

階段で降りて行きます

ところで 海外に限らず 教会や寺院ではマナーとして肌の露出をひかえる必要がありますよね

特に海外のカトリック教会では 規則が厳しくノースリーブでは絶対入場することができません^^;

大聖堂の入り口で ショールが販売されていたのを 購入しました

(多分 日本円だと500~1000円位の値段だったと思います)

 

サンタ レパラータ地下教会遺構

大聖堂が建設される前に教会が建っていたそうです

大昔の道だと思うと 不思議な感じがしますね...

 

さて 地上に戻り 今度はいよいよクーポラに登ります(^_-)-☆

クーポラ下から見上げると天井には美しいフレスコ画が描かれていました

 

もちろんエレベーターなどはなく450段ほどの階段を登るしかありません^^;

途中の回廊から間近でフレスコ画を見学できます

 

最後の審判」が描かれています

 

テラスに出ました!

テラスからは 美しいフィレンツェの街並みを見ることができます

 

正面の塔が ジョットの鐘楼です

人も小さく見えました⤵

 

さて 本日2つめのジェラートは 大聖堂からほど近いこちらのお店で(^_-)-☆

Bar Perseo

2013年のツアーで立ち寄ったお店でした


ジェラートやパフェなどのスイーツだけでなく 食事も可能です

ちょっとお値段お高いめでしたが^^; 美味しかったのでもう一度来てみたかったのです

 

すまきはピスタチオ+マンゴー   すまりんはマンゴー+イチゴ

店内で飲食するとさらに場所代がプラスになるので もちろんテイクアウトしました

さすがの美味しさでした(*^^*)

 

フィレンツェといえば ピノッキオの故郷です

町には木でできたピノッキオの人形がたくさん見られました

 

すまりんたちのホテルのすぐ近くに世界最古といわれる薬屋さんがありました

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局  Santa Maria Novella

高級なジュエリーショップのようで 入るのにちょっと緊張^^;

 

800年ほどの歴史があるようです...

 

現在は 化粧品やフレグランスなどが販売されています

 

商品リスト

日本語バージョンもありました⤵

このリストには写っていませんが 薬局で最も古いフレグランスと言われる「アックア・デッラ・レジーナ」などが人気商品なのだそうです

通販だと すごいお値段でした👀

 

すまりんは レモンの香りのハンドクリームを購入しました

f:id:aranciarossa:20240214165749j:image

 

ちなみに 銀座にも支店があります⤵️

f:id:aranciarossa:20240411134854j:image

店内は 宝石店みたいにキラキラしていて 怖くて入ったことはありません(笑)

きっと本店で買うよりすごく高くなっていると想像します...💦

 

ホテルに戻ってきました

 

予約したのはシンプルなお部屋です

 

バスタブもついていました(^_-)-☆

水回りはそこまで快適とはいえませんが 全体としては良かったです

 

さて 夕食に出かけます🐾🐾

 

2013年のツアーで食べたフィレンツェ風ステーキがすごく美味しく印象的だったので...


今回は ホテルの近くのお店に食べに行きました

Trattoria Armando トラットリア アルマンド

フィレンツェで美味しいと評判のトラットリア(大衆レストラン)です

 

すまきがワインを注文したのでお相伴...

乾杯✨

※お酒に弱いすまりんはミネラルウォーターをボトルで注文しました

 

前菜のサラダ


パスタ

 

ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ Bistecca alla fiorentina

生後12ヶ月未満の子牛の肩ロースを使ったグリル(または炭火)焼きで 味付けは塩と胡椒のみ

1㎏単位で注文を取るお店が多く どーんと大きな肉のかたまりです

二人でシェアしましたが 思ったよりかなり分厚かったです!

そして 中は真っ赤でした^^;

これがこのステーキの一般的な焼き方のようです

ちなみに イタリア語では レアのことを al sangue(アル サングエ)といいます

sangueは「血」のこと...

まさに血が滴るほど真っ赤なステーキ

 

すまりんは 赤いお肉が苦手なので すごく困ってしまいました

すまきが頑張って食べてくれましたが とにかく大きいので^^;

 

デザートはティラミス風のアイスクリームだったでしょうか

お肉でパニックになったので記憶にありませんが^^; 美味しかったのだと思います

 

 

外はもう暗くなっていました

(すまきの)腹ごなしのためにも 散歩してホテルに戻ることにしました

アルノ川に架かる美しい橋は Ponte Vecchio(ヴェッキオ橋)

※ ponteは「橋」  vecchioは「古い」という意味

14世紀に造られたフィレンツェ最古の橋で 第二次世界大戦の被災も免れました

 

よく見ると橋の脇に建物がくっついているようです...

実は 橋の両脇に 貴金属店などのお店が並んでいるのです

 

橋を渡ってみました

すでにお店は閉まっていましたが 昼間だともっと賑やかなのでしょうね...

木製のシャッターも重厚です

 

フィレンツェを代表する美しい夜景の一つだと思いました✨

 

次回は

「サンマリノ共和国」観光のお話です ・・・続

イタリア旅行記(2015年夏)①~Parco dei Mostri / Civita di Bagnoregio / Orvieto

すまきとすまりんの海外旅行シリーズ✨

今回はイタリアです(^_-)-☆

 

〜はじめに〜

 

すまりんは イタリアが大好き...

イタリアを自由に旅したくて 10年ほどイタリア語の勉強を続けています

実は 最初にイタリア語の勉強を始めたのはすまきでしたが すまりんが異様に興味を示して引き継いだ形になっています

 

すまりんたちは これまでに何度かイタリアを訪れましたが 今回は 

2015年の「”ちょっとだけ穴場” の観光地」

のお話をさせていただきたいと思います(^_-)-☆

 

ところで...

イタリアで観光地といえば 皆さんはどこを思い浮かべられるでしょうか

せっかくなので定番の観光地もちょこっとご紹介させてください...

以下の8枚の写真は 2013年 家族でツアー旅行に参加した時のものです

 

ミラノ大聖堂

天気は良くなかったですが 美しいゴシック建築の大教会を見て感動...

 

ローマのシンボルコロッセオ

2000年も前に建てられた円形の闘技場です

 

ローマの休日でも登場する「真実の口」

偽りの心があるものが手を入れると抜けなくなるという伝説があります

 

ローマで最も巨大な人工の噴水トレヴィの泉

元は古代ローマの水道の終端点でした

後ろ向きにコインを投げるとローマ再訪が叶うといいます✨

 

ピサの斜塔での両親のお遊び写真(笑)

有料ですが斜塔に登ることもできます(^_-)-☆

 

水の都ヴェネツィア

ゴンドラにも乗りました(^_-)-☆

 

カプリ島「青の洞窟」

f:id:aranciarossa:20200207230742j:plain

天候や波などの条件が良ければ入ることができます(^_-)-☆

ただ 高確率で入れるシーズンだと順番待ちが長い上 洞窟の中も船がいっぱいで水面が見づらいとか言われますね💦

 

イタリア南部のポンペイ遺跡」

西暦79年のヴェスヴィオ山の噴火で埋まった町ですが すでに高い文明が発達していたのには驚かされます👀

 

さて ここからは 2015年の6月...

夫のすまきとふたりでイタリアを旅したお話を5回に分けてさせていただきます(^_-)-☆

※今回は 翌日の夜までのお話なので ちょっと長いめです💦

 

夜遅くに到着したローマのRepubblica駅

いきなりスリっぽい人にマークされたようで 駅を出るまでずっと真後ろをつけられました^^;

スリの被害はしょっちゅうあるみたいです

カバンを握りしめて早足で歩きましたが💨💨 うす暗いし 人通りも少なくて怖かったです💦

日本人観光客はターゲットにされやすいらしいので気をつけないといけないですね

※こういう言い方をしてしまうとイタリアが怖いイメージになってしまいそうですが そうではありません!

イタリア人はとても気さくで親切なかたが多いです(*^^*)

 

本日のホテルはRepubblica駅出口から徒歩1分...

ローマの中心 共和国広場(Piazza della Repubblica)に位置しています

BOSCOLO EXEDRA ROⅯA(ボスコロ エクセドラ ローマ)

19世紀の宮殿を改装したホテルなのだそうです✨

 

なんと 予約が見当たらず^^;(ダブルブッキング?)

しばらく待たされましたが こちらのお部屋に案内されました

 

明らかにアップグレード✨✨

夜中に到着したので ほぼ寝るだけです^^;

テーブルにはフルーツと 確か別のお客さん宛てのウェルカムメッセージが置かれていました^^;

前日のメッセージが残っていたのか  当日キャンセルされたのか...

 

バスルームも広々です✨

 

ベッドは二階にありました

 

テンション上がりまくりの すまりん

 

こんな素敵なお部屋に連泊でしたが... 

翌朝は早朝に出発し 戻ったのは深夜でした(笑)


窓から見る共和国広場が美しかったです✨


ーーーーーーーーーー

翌朝...

時間の都合で ホテルの朝食は棄権して^^; 早速観光に出かけました

朝の共和国広場

 

今日はイタリア人のツアーガイドの予約をしているので ガイドさんの待つボマルツォまで行きます

ローマからは 電車でちょうど1時間

 

Attigliano-Bomarzo アッティリアーノ ボマルツォ 駅に到着


すまりんたちはこちらでガイドの Lさん(イタリア人女性)と待ち合わせをしていました(*^^*)

普段は教師をされていて 休日に副業でガイドをされているかたでした

彼女の運転する車で 本日は観光地巡りをします🚗

 

すまりんたちは勉強のため あえてイタリア語でお願いしましたが 英語でもOKです(^_-)-☆

彼女はすまりんたちを気遣いながらゆっくり話して下さいましたが 運転スピードはものすごく速く バンバン前の車を追い抜いていきました👀

 

まず 駅から7kmの場所にあるボマルツォの怪物公園 を見物します 

 Parco dei Mostri  パルコ・デイ・モストリ

※入場料が必要です

 

怪物公園は 16世紀にこの地を治めていたオルシーニ家のピエール・フランチェスコの命により造られたといわれています

最愛の妻を亡くした苦痛から開放されたいと この公園を造ることにしたのだそう...

 

森の中には40ほどの巨像があるそうです

すまりんたちの自由時間は30分ほどでしたので 全部をまわることはできませんでしたが お目当ての像を急いでチェックしていきました💨💨

 

ガイドさんは車で待機です

すまきとふたりで 公園の中に入りました

園内には不思議な形をした像があちこちに...

 

プロテウス・グラウコス

海神ネプチューンの子供と言われ 頭の上に地球がのっています

その上にあるのは オルシーニ家の城なのだそう...

 

熊の紋章

オルシーニ家の象徴である熊が オルシーニ家の紋章を持っている像です

そんなことは知らず 勘違いして変な手つきで熊の真似をするすまき(笑)

もちろん 撮ってるすまりんも知りませんでした^^;

 

人食い鬼 (オルコ / オーガ / オルクス)

冥界の神だそう...

口の中に入ることもできます(^_-)-☆

舌のように見えるのはテーブルですが ここでくつろげそうにはありませんね^^;

上唇には「OGNI PENSIERO VOLA」(全ての思考は飛びたつ)と刻まれています

 口の中でひそひそ話をすると(反響して)外に聞えてしまうの意味とも...

確かめてはいませんが^^;

 

ところで以前のCMでこの場面をご覧になったことはありませんか?

オルコにお水を飲ませてあげてるのは上野樹里さんです💛

 

すまりんは お水をあげるどころか 口をこじ開けて意地悪してるみたいな図ですね^^;

 

 

傾いた家

すごく傾いているんですよ!

中を歩くと平衡感覚が狂ってうまく歩けないのです💦

なかなか面白いので 経験する価値ありです(^_-)-☆

 

 

ふたたびガイドさんの車で次の観光地へ🚗

 

本日のメインの目的地は イタリア中部の「オルヴィエート Orvieto 」

世界一美しい丘上都市といわれます✨

 

その前に

オルヴィエートの玄関口にある「チヴィタ・ディ・バニョレージョ Civita di Bagnoregio」を観光します

 

途中の展望台で二人の写真を撮って下さいました

すまりんたちの後方にそびえるのが チヴィタ・ディ・バニョレージョ

約2500年前 高文明を持ったエトルリア人が暮らしていたそうです

「天空の町」とも言われますが「死にゆく町」とも言われます

村の土台がじわじわと崩壊していて 今も台地の建物が崩れる危機にさらされているそうで 残っている住民は10〜20人ほどと言われています

 

町に行くには あの細長い橋を歩いて行くしか方法はありません

 

ふもとに車をとめ すまりんたちも歩きました🐾🐾

橋の長さは約300m... 急な坂道が続きます

 

建物が大きく見えてきました

まるで 中世にワープしたみたいです✨

 

さすが見晴らしは素晴らしかったです!

 

そして...

町のいたるところに猫がいました

 

この子はグレーで うちの須磨にそっくり!

 

須磨💛


※わが家の愛猫 須磨は2022年にお空に行ってしまいました💧

 

この辺りが 町の中心部だと思います⤵

ほとんどが空き家で 見かけるのは観光客ばかり...

 

ランチができるお店があるということで 連れて行ってくださいました


Osteria al Forno di Agnese

住民がほとんどいない町にこんな素敵なお店があるとはびっくりしました!

現在も営業されています

 

ハードチーズの盛り合わせ

 

ブルスケッタ

トッピングは トマトの他 やトリュフやレバーペーストをオリーブオイルと合わせたものだったと思います

この辺りでは黒トリュフが名産品だそうです✨

 

パスタ

ウンブリケッリという太い手打ちパスタが有名のようです

トマトソースのパスタの上にはたっぷりの粉チーズがトッピングされています

手前のパスタの上には "生"のポルチーニ茸!

生で食べたのは初めてですが イタリア人は大好きなんですって

地元でもこの時期にしか味わえない貴重なものだそう✨

 

デザート

ティラミス 2種

Tirami su!

イタリア語で「私を上へ引っ張って!」⇒「私を元気づけて!」の意味...

イタリアドルチェの定番ですね✨

イチゴのティラミスもフレッシュで美味しかったです(*^^*)


足もとには猫さん...👀💛

お料理目当てでやってくるようです

皆さん お料理をおすそ分けしていました

もちろん すまりんたちもバスケットの中のパンなどを少し...

チーズは塩分が多いので ちょこっとだけです(^_-)-☆

 

 

車に戻って 🚗

いよいよ 世界一美しい丘上都市と言われるオルヴィエート に向かいます

 

展望所からのオルヴィエートの全景✨

本当は二人の写真も欲しかったのですが ガイドさんはご家族とメールのやり取りで忙しかったようで 車にこもられたままでした^^; 

オルヴィエートは 先ほどの「チヴィタ・ディ・バニョレージョ」と同じく エトルリア人が築いた要塞都市だったそうです

こちらは いまだに2万人を超える住人がいるそうで ガイドさんもオルヴィエートのかたでした

 

標高328mの岩山...

オルヴィエートは中世の街並みを残しつつ 生活感が漂っていました

 

見晴らし最高です(*^^*)

 

町の西端にある サン  ジョベナーレ教会

1000年以上前に建てられたと言われるオルヴィエート最古の教会です

 

中に入ることもできました

いかにも歴史のありそうな空間で神聖な空気に心が洗われる気がしました✨

※一部修復は行われているみたいです

 

そして おそらく今回のツアーの目玉✨

町の中央にそびえたつ オルヴィエート大聖堂です

すまりんたちは正面で車から下ろしていただき ガイドさんはいったん帰宅されました

1時間ほどで戻って来られるとのこと...

 

建物が巨大な上に 正面の道がそんなに広くないので なかなか写真に全体を収めることが難しかったです💦

オルヴィエート大聖堂の建設には なんと300年も費やしたと言われ イタリアで最も美しい大聖堂の一つ また 3大ゴシックの一つと言われています

 

正面の4本の大きな柱の浮き彫りは それぞれテーマをもったものだそうです

どうやら見どころ満載だったようですが すまりんたちは下調べしていなかったので 結論から言えば 大事な所を見落としたまま見学を終わりました^^;

 

内部も広々として います ※入場は有料です

バラ窓が美しく輝いていました✨

バラ窓とは 特にゴシック建築においてステンドグラスで作られた円形の窓のことを言います

ちなみに 外からだとこんな感じです⤵

 

フレスコ画も 素晴らしかったです

天井も美しい✨

何を描いているのかは知りませんでしたが^^;

 

イタリア最大級のパイプオルガンも設置されていたようですが 記憶にありません^^;

まだまだ見残したものがあるみたいなので いつか機会があればリベンジしたいです

 

正面に見えるのは オルヴィエート大聖堂の近くにあるモーロの塔(Torre del Moro)

1200年に建てられた四角い塔で きっちり東西南北を向いているそうです

写真がありませんが 塔の入り口は本屋さんになっていました

 

内部の「階段」で頂上まで登ることができます ※有料

目が回りそうな長いらせん階段が245段も続きます

 

時計の裏側までやってきました

間近で見ると とっても大きな時計です👀

光が差し込んで 明るかったです✨

 

ようやく空が見えました!

ちょっと天気が悪いですけど^^;

到着🚩

1866年の修復後 機械仕掛けの時計と2つの鐘が塔に設置されたのだそうです

 

塔の高さは47m...

ここからだとオルヴィエート大聖堂の全容を見ることができました


とても美しい町並みでした(*^^*)

 

オルヴィエートで最後に訪れたのは このゾーン

※外部から見ただけです

オルヴィエートで最も古いサン・アンドレア(サンタンドレア)教会

12角形の鐘楼とともに 12世紀ごろの建築物と言われています

右側に一部写っているのは市庁舎のようです

 

この辺りにはお土産物のショップもありました

オルヴィエートは白ワインの産地として有名で オリーブオイルやトリュフなども名産品です(^_-)-☆

 

オルヴィエート観光の最後に二人の写真を撮って下さいました

200年以上の歴史を持つ木工工房ミケランジェリ前にて...

時間の都合で お店には入らなかったのですが 工房前のこの「トロイの木馬」が有名な写真スポットらしいです

子どもは座ることできるそうですよ(^_-)-☆

 

駆け足で巡りましたが 普段は行けない穴場スポットも効率よく連れて行って下さりとてもありがたかったです(*^^*)

 

後日知ったのですが オルヴィエートには「地下都市」が残っていてたくさんの洞窟めぐりもできるそうです

行ってみたかったなぁ...

 

オルヴィエート駅の前でガイドさんとお別れし 電車でローマへと戻りました

 

ーーーーーーーーーー

ローマに戻ってきて これから夕食を食べに行きます

 

トレヴィの泉は相変わらず観光客でいっぱい

でも何か雰囲気が違うと思ったら...

なんと 工事中💦

噴水は止まって 泉は涸れていました^^;

ローマ再訪の願いを込めたコインが投げれない...^^;?

 

   ⇩ ⇩ ⇩

こんな所に「ミニミニ トレヴィの泉」がありました

ここにコインを投げるんですね(笑)

 

冒頭にも写真を載せましたが 本来はこんな感じです

もうとっくに修復は終わっていますので 今は普通にコインを投げられると思います


夕食はすぐ近くのお店でピザを食べました

店の外のテーブルに座りました

大きなピザ👀

 

マルゲリータ

以前もピザのお話で書きましたが...

今から130年ほど前 ウンベルト1世とその王妃マルゲリータナポリを訪れた際 当時最高と言われたピザ職人がこのピザを献上したようですが...

赤(トマトソース)・白(モッツァレラチーズ)・緑(バジル)の3色がイタリア国旗の色合いと重なり王妃が大変気に入ったそうで 「マルゲリータ」と呼ばれるようになったのだそうです

でも 本場のイタリアのマルゲリータにバジルがのっているのをほとんど見たことないかも(笑)

 

この後 夜の町を散歩しました

ライトアップがとても美しかったです✨

 

サンタンジェロ城

ローマの休日にも登場しますね(^_-)-☆


さて いざホテルに戻ろうと地下鉄の駅に行ったところ 入り口が閉鎖されていました💧

イタリアでよくあるストライキかと思ったら どうやら最終時間を過ぎていたようです

”てくてくのすまりんたち”と言えども とてもこんな時間に歩いて帰れる場所ではなく 最寄りのホテルでタクシーを呼んでもらって タクシーでホテルに戻りました

 

運転手さんの運転がすごく荒くて(イタリアでは普通?)すごいスピードで縫うように走るのがとても恐ろしかったです^^;

 

この日は 大変な1日としてすまりんたちの記憶に残りました(笑)

 

 ・・・

須磨の三回忌... 「等身大の須磨」の耳が生え変わりました!

昨日 5月10日は須磨の三回忌でした

f:id:aranciarossa:20240509141601j:image

今から2年前...

2022年5月10日 午前2時

すまきとすまりんの愛娘 須磨は18歳でお空に旅立ちました

 

当時からのすまりんブログの読者の皆さんはご存知かと思いますが...

その年 すまきと力を合わせて須磨の分身 (等身大&小)を作りました

 

等身大の須磨 (リアル須磨)が完成した時の写真です✨

f:id:aranciarossa:20221219125120j:image

左は 当ブログの旅の中で時々登場するちいさな須磨

どちらの分身にも 須磨の小さなお骨をしのばせています(^_-)-☆

 

以前の記事でも書きましたが

等身大の須磨を作るのは試行錯誤の連続でした💦

 

すまきが自由に 色々考えてデザインした型紙

f:id:aranciarossa:20220806234546j:image

ふわふわ生地を用い すまりんが全て手縫いしました

f:id:aranciarossa:20220809201259j:image

お目々の色にもこだわってます...

f:id:aranciarossa:20220612160721j:image

頭は すまきが羊毛フェルトでしっかりと...

f:id:aranciarossa:20220612162650j:image

 

かなり時間を費やしましたが

須磨が戻ってきたような気がして嬉しかったです✨

f:id:aranciarossa:20221219232901j:image

www.aranciarossa.work

f:id:aranciarossa:20221219232910j:image

 

あれから1年半...

 

須磨を撫でまわしているうちに ボサボサしてきて左耳も切れかけてきました💧

痛いにゃ...

 

耳の内側は白いフェルトを使用していたのですが

羊毛フェルトとの接着が悪かったので 今回 内側も羊毛フェルトにして耳全体を作りかえることにしました(^_-)-☆

 

久しぶりの羊毛フェルト作業...

f:id:aranciarossa:20240505114930j:image
羊毛フェルト用のニードルは 生前 須磨の毛玉を作るのにも重宝しました✨

f:id:aranciarossa:20211228190026j:image

 

すまりんが作成したフェルトシートを すまきが成型して古い耳と交換してくれました

f:id:aranciarossa:20240505121610j:image

ちょっとびっくり顔の須磨ですが 新しい右耳が付いたところです!

f:id:aranciarossa:20240505114941j:image

丸坊主の写真は 恥ずかしいのでカットです💦

 

無事に新しい両耳が付いて お髭も整い すっきりした須磨(*^^*)

f:id:aranciarossa:20240510094006j:image

 

ちいさな須磨も 駆けつけてお祝い💛

 

無事 リフレッシュして三回忌を迎えることができました(^_-)-☆

f:id:aranciarossa:20240510094542j:image

 

須磨は猫草が大好物だったので...

猫草もお供えしました⤵

f:id:aranciarossa:20240510110028j:image

顔を埋める須磨たち...(笑)  

f:id:aranciarossa:20240510110023j:image

 

ちいさな須磨は これからもすまりんたちと各地を飛び回りますので よろしくお願いします

こちらにはちいさな須磨の成形前の写真がありますので よかったらご覧下さい

www.aranciarossa.work

 

 

これからも須磨のことを 時々思い出して下されば 嬉しいです(*^^*)

www.aranciarossa.work

 

須磨のお話は 「すまねこ(須磨) 」のカテゴリーからどうぞ💛

f:id:aranciarossa:20240510145604j:image

 

次回は 久しぶりの海外シリーズ✨

2015年のイタリア旅行のお話です(^_-)-☆